2012年01月29日

工期の算定(損料日数の算定・積算根拠)

1.工期の算定(損料日数の算定・積算根拠)概要

下水道設計では、山留を用いるために、工期の算定(損料日数の算定・積算根拠)が

必要になります。

この計算資料は、開削工法のたてこみ簡易土留を用いた時の資料です。

あくまでも参考資料として、ご覧ください。

また、歩掛の改正年度により、日進量は違いますので、間違いのないように

歩掛を調査下さい。

山留損料(H=2)1.jpg

山留損料(H=2m)2.jpg

2.まとめ

この工期算定資料は、管種ーヒューム管、山留ーたて込み簡易土留H=2.0mです。

山留を使用する場合には、必ず損料計算が発生しますので

歩掛等を良く理解してください。

工法の比較の時には、必ず経済比較がでてきますので、損料金額が重要に

なります。

ご苦労があると思いますが、頑張って下さい。



posted by 実践教え本 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

2011年最後の言葉

2011年も今日で終わりです。

お世話になりました。

来年も宜しくお願い申し上げます。

東日本大震災で被災された方々、心よりお見舞い

申し上げます。

来年は、御多幸がおとづれるように、お祈り申し上げます。

また、皆様方、ご自愛下さい。
posted by 実践教え本 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

オリフィスの計算(調整池・貯留管)

1.オリフィスの計算(調整池・貯留管)概要

調整池・貯留管を設計する時に、水位の調整を図るために

オリフィスの計算をします。

下流の流下量能力を考えて、管径の調整を行います。

あくまでも参考資料としてご覧下さい。


2.オリフィス計算書

 放流量計算と放流断面計算です。

 チャックの為に必要です。

           
           放流量計算
オリフィスの計算(放流量).jpg     
            

           断面計算
オリフィスの計算(断面計算).jpg
posted by 実践教え本 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。