2009年04月27日

ウェルポイントの計算

 1.概要

  土木工事において、水位の高い所がある。

  特に砂地盤の場合は、土の自立が困難であるので

  ウェルポイントを用いて、水をくみ上げることがある。

  開削工法の時に必要となる。

  下水道設計(雨水)において提出した資料である。

  あくまでも参考資料としてご覧下さい。



 2.まとめ

  1)計算式

ウエルボイントφ500-1

ウエルボイントφ500掲載2.jpg


2)計算

   ウエルボイントφ500掲載3.jpg

   ウエルボイントφ500掲載4.jpg

   
   ウエルボイントφ500掲載5.jpg


  計算式は、下記のウェルポイント工法便覧の本に掲載です。

  ウェルポイント工法便覧



   

  
posted by 実践教え本 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

水平方向地盤反力係数の計算

 1.概要

   山留計算他土木設計を行うに当たり、水平方向地盤反力係数の

   計算を行うことがよくあります。

   本には、しっかりと計算式が掲載されていますが

   計算例がなく、経験年数が短い場合、なかなか

   計算が進みません。

   そこで、少しでも教え本の経験を伝えられれば幸いです。

   ただし、あくまでも参考資料としてご覧下さい。

   この計算例は、山留計算に使用したものです。

 2.まとめ

   水平方向地盤反力係数の計算です。

   道路土工「仮設構造物工指針」に計算式が掲載されています。

   道路土工-仮設構造物工指針


   水平バネ値の計算-1.jpg


  


posted by 実践教え本 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

仮排水の検討(水中ポンプの計算)

1.仮排水の概要

 水路等を設計するに当たり、仮排水の検討が重要になります。

 水路改修で重要なことは、現況排水の処理です。

 施工計画で一番考えるべき点です。

 水中ポンプの検討です。

 現況流量で計算して見ました。

 現況水路の水位を調査して、既設流量のチェックを

 行います。

 CASE1は、現況流下流量からの仮排水の検討(水中ポンプの計算)

 です。
 
 参考資料としてご覧下さい。

2.計算

 水中ポンプの計算を行い提出した資料です。

 参考資料として、ご覧いただければ幸いです。

 仮排水-1.jpg

 仮排水-2.jpg

 仮設道路の検討 参照


衛生工学演習の本をご覧下さい。

 
 
posted by 実践教え本 at 03:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。