2009年02月27日

支持力の計算(管)

 

1.支持力計算の概要

 教え本の支持力の計算書を掲載します。

 あくまでも参考例として、ご覧下さい。

 簡単な構造計算のポイントは、手計算で数多く計算することです。

 最初は、全然理解できませんが、数多くやるようになると

 かなり早く計算できるようになります。

 まずは、計算例を解いて下さい。

 以下に、計算例を掲載します。


 最初に荷重の計算です。


 次に許容支持力の計算式です。


 上記の許容支持力の計算式に代入します。


 2.まとめ


  この計算例の山留は、建込簡易土留工法を採用しましたので

  山留の引き抜き時の付加土圧は考慮していません。

  山留工法の打込みの場合には、付加土圧が追加となります。

  即ち、山留を当てるか(木矢板、軽量鋼矢板、建込簡易土留)

  もしくは、鋼矢板工法のように打ち込むかで決まります。


  極限支持力(許容支持力)参照

  支持力の計算(ボックスカルバート)参照
posted by 実践教え本 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

支持力の計算(ボックスカルバート)

1.概要
 
 前回の支持力計算は、管の支持力計算でしたが、

 今回は、ボックスカルバートの支持力計算です。

 材料は違いますが、考え方は同じです。

 参考資料としてご覧下さい。


 荷重計算

 計算式

 計算


2.まとめ

  ボックスカルバートの荷重計算は、直土圧公式です。(r×H)

  また、山留の引抜き時の付加土圧は、鋼矢板の場合には

  考慮する考えと、考慮しないの二通りです。

  ボックスカルバート協会等では、考慮してない為に

  二通りの意見があります。







  支持力の計算(管)参照

  設計荷重 参照
posted by 実践教え本 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

自立高の計算

1.概要

  自立高の計算は、山留の種別を判定する場合に使用します。

  例えば、下水道工事に使用する山留の種類を、打込矢板に

  するか、軽量鋼矢板かH鋼横矢板にするかの判定が自立高の

  計算です。

  自立高を簡単に申し上げますと、土が崩壊しない高さです。

  人間に例えれば、土の筋力とでも申し上げた方が分かりやすいかも

  しれません。


  自立高の計算例を2通り用意しました。

  1.直掘の時の自立高の計算

  2.法勾配をつけた場合の自立高の計算です。

  参考資料としてご覧下さい。


   1.直掘の時の自立高の計算

自立高(直掘).jpg

   2.法勾配をつけた場合の自立高の計算

自立高(斜掘)-1.jpg

自立高(斜掘)-2.jpg


分かりやすい 仮設計算例の本は、下記の通りです。

  イラストによる建築物の仮設計算


 
posted by 実践教え本 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする