2014年04月17日

水道管のストッパー時における拘束長計算

水道管のストッパー時における拘束長計算

新設管を施工する時、極力断水をなく為に、ストッパーをつけて、水を止めて新設管を
施工する。
このストッパーにより、抜け出しが生じる。
その為に、抜け出しが起きないように離脱防止金具をつける必要がある。
このような理由により、拘束長の計算を行う。
概要.jpg

拘束長.jpg

故にT形L=5.0m/本であるので、2箇所に離脱防止金具を設置する。
posted by 実践教え本 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394886155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。