2013年02月06日

発進立坑φ1500mmの留意点

1.発進立坑φ1500mm留意点の概要 
 
 発進立坑φ1500mmを構築する場合の
 留意点を述べる。
 この立坑は、下水道の小口径推進工法を行う時の立坑です。
 発進立坑には、1号人孔を構築します。

2.留意点 
 
 ・1号組立人孔の外側のボルトを緊結できない。
  立坑1.5m−1.05m(0.90+0.075×2)
   =0.45m
  両側離隔  0.45m/2=0.225m
  ボルトを締める為の離隔は、最低0.25m以上(メーカーの聞き取り)
  故に一般的な設置は困難です。

  人孔とケーシング.jpg

3.解決策 
 
 ・1号組立人孔の緊結ボルトを行わないで、立坑と人孔の隙間には
  エアーモルタルを注入する案
 ・人孔を現場打ちにする案
  この案の問題は、深くなると配筋図が必要になる場合がある。
  特に、耐震設計レベル1・レベル2では、構造計算・配筋図が
  必要になる。
 ・立坑をφ2000mとする。

4.まとめ 

 安易に、φ1500mm立坑で推進できる工法を選定すると
 設計者が大変になる。
 構造計算・配筋図の作成が必要になる。
 但し、狭い道路では、立坑φ1500mmは必要である。
 基本的には、小口径推進の場合は、φ2000mm以上として
 私は考える。
   
 発進立坑φ1500mmの留意点その2 を読む
posted by 実践教え本 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319127096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。