2012年07月29日

実流速(実際流速)の検討・計算

1.実流速(実際流速)の検討・計算概要

下水道設計においては、水理計算が重要になる。
管渠の水理計算を行う準備として、まず、実流速の計算を行う。
次に、実流速をもとに、損失水頭計算・動水位計算(動水位勾配線)等の
水の流れの解析を行う。
以下に、計算資料を掲載します。
あくまでも参考資料としてご覧ください。
また、初心者の為の資料ですので、経験者の方には、ご勘弁下さい。実流速検討.jpg

2.まとめ

掲載資料は、エクセルで作成したものです。
初心者用です。
水理特性曲線は、表から探した数字ですが、計算で組んでも良いと
思います。
posted by 実践教え本 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック