2012年05月31日

機械掘削の作業幅選定(作業幅による施工機種の選定)

1.機械掘削の作業幅選定(作業幅による施工機種の選定)の概要
 
 重機の選定は、道路・水路等において幅員の狭い場合に検討が必要になる。
 今回は、掘削時の施工機械として、バックホウ+ダンプの組み合わせの
 機種を選定するための機種選定です。
 道路幅員3.7mの場合において下水道管を布設時を考えて下さい。
 資料は、日本下水道協会の下水道用設計積算要領を抜粋しました。
 また、作業幅の選定は、90°旋回と180°旋回です。
 あくまでも参考資料として活用下さい。
 
(1)90°旋回時の施工機種作業幅
   
   作業幅選定90.jpg
 
(2)180°旋回時の施工機種作業幅
   
   機械掘削作業幅180.jpg

2.まとめ  
 
 道路幅員3.7mの場合は、表1-19により、
 バックホウ山積0.13m3(平積0.10m3)2tダンプを採用する。
 180°旋回です。
 私も経験不足の時は、図面、数量を急いで重機の選定を
 忘れて、役所等に重機が搬入できるのかとよく怒られた経験があります。
 その時に、重機の選定をどうすればよいかパニックになったときがあった。
 やっと探し当てた本が、この下水道協会の本です。
 根拠がないと役所等を説得できません。
 設計は全て根拠です。
 
posted by 実践教え本 at 17:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機械掘削の作業幅選定について読ましていただきました。私が住んでいる自治体はどうも、機械幅イコール選定機種で積算しているため、納得いきません。最近は特記仕様書に機械選定に対する異議申し立ては一切受け付けないと言う文言まである始末です。しかも落札率が全国1800ある自治体の下から3番目です。もともと直工位の落札ですから、設計がとにかく、安く安くの考えでは、競争入札で落札した業者が赤字になるばかりです。契約書では各々対等な立場で同意した上で契約を交わしとか文言がありますが、この自治体は質が悪すぎます。どうしたら、いいのでしょうか?自治体がこうだと言えば、従うしかないのでしょうか?又、どこに言ってゆけばいいのでしょうか?ご教示お願いします。本当に死活問題です。
Posted by 土建屋の社長 at 2012年12月24日 13:44
お世話になります。
公共工事の一番の悩みは、一般競争です。
特に、最低価格がない場合は最悪です。
赤字になるだけです。
このやり方は、首長(市長、町長、村長等)
の考え方です。
自治体の担当課への対抗対策としては、
議員さんへご相談されることが効果的です。
ただし、議員さんの選定は、慎重にお願いします。
Posted by 教え本 at 2012年12月26日 03:49
プラダ 財布
Posted by 財布 ランキング at 2013年09月02日 10:13
財布 革
Posted by ウォレット 財布 at 2013年09月02日 10:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272842354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。