2009年02月23日

極限支持力(許容支持力)

1.概要

   許容支持力の計算は、構造物が沈下するか否かの計算を

   判定する時に、使う式です。

   沈下の度合によっては、杭基礎、地盤改良等の検討を

   します。

   許容支持力の計算式についても、前記事の活荷重の

   本と同じ本です。

   ご覧下さい。


道路橋示方書(1共通編・4下部構造編)・同解説


   T共通編

   U下部構造編


   に記載されています。

   
 


 2.まとめ

   支持力の検討は、上記の道路橋下部工指針の直接基礎の

   式を採用します。

   モデルは、開削工法による管の支持力計算です。

   次の掲載に計算例をアップロードします。

   
   設計荷重 参照     

  
   支持力の計算 参照
posted by 実践教え本 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114706188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。